検査室



  心電図
  超音波検査
  呼吸機能
  呼吸抵抗
  視力・聴力・色覚
  呼気中一酸化窒素濃度測定
  終夜睡眠ポリグラフ(PSG)検査
  検体検査
     

心電図>

  心電図
 

不整脈や心肥大、虚血性心疾患などがわかります。検査時間は2~3分です。心電図波形はファイリングしていますので、経過を見ることができます。

心電図検査 負荷心電図
  運動をすることで、どれだけ心臓に負担がかかり心電図がどう変化するかを調べます。検査時間は約15分程です。
 
24時間ホルター心電図
日常生活をしているなかで24時間にわたる心電図を、携帯型心電図のメモリーカードに記録し、短時間では捉えきれない心電図異常を検出・診断する方法です。不整脈・虚血性心疾患の診断に必要な検査です。
ホルター心電図  
  このページのtopへ

超音波検査>

超音波を体表から投入し臓器の反射の違いを利用して内臓の状態を観察します。
腹部・心臓・頸動脈・甲状腺の超音波検査を行っています

  このページのtopへ

呼吸機能>

肺活量を測定したり、気道が狭くなっていないか、肺がスムースに伸び縮みできているかを調べます。また、特殊なガスを使用して残気量や肺拡散能力を測定します。

呼吸検査  
   
   
  このページのtopへ

呼吸抵抗>

安静呼吸のみ簡単な測定で、被験者の負担を軽減し、短時間で肺や気管に関わる重要な情報の収集が可能です。

  このページのtopへ
視力・聴力・色覚>  
 検診に来られる方におこなっている検査です。視力・聴力とも短時間で測定できます。色覚は色覚異常の有無を見る検査です。
  このページのtopへ

呼気中一酸化窒素濃度測定>

  吐いた息に含まれる一酸化窒素の濃度を測定して気道の炎症を評価します。喘息診断の補助や、喘息患者の気道炎症のモニタリングに有用です。
 このページのtopへ
 
終夜睡眠ポリグラフ(PSG)検査>
 PSGは、睡眠障害の診断や、睡眠障害への治療効果の判断などを目的とする検査です。終夜にわたり、脳波、筋電図、心電図、呼吸、血液中の酸素などを測定することにより、睡眠状態や異常呼吸の判定を行います。

※この検査は、事前に簡易検査で睡眠時無呼吸症候群である可能性が高いと判断された場合に行います。
 また、一泊入院して行う検査です。
 このページのtopへ
 

検体検査>

 採血された検体は、迅速に検査室に運ばれ検査をします。

 検査室では、
  ・生化学検査
  ・血液一般検査
  ・尿検査
  ・血液ガス
  ・輸血検査

 などを検査しています。

検査室
このページのtopへ
 
 
スタッフ人数 3名

病院概要
外来担当表はこちら

お見舞いメール

交通アクセスはこちら