睡眠時無呼吸外来

睡眠時無呼吸外来

201211月から睡眠時無呼吸外来を開設いたしました。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は日本人に約200万人とされ、その多くは肥満を原因とします人生の3割を占める睡眠の良し悪しが生活の質(QOL)を左右します。

 

集中力や記憶力が低下し、仕事に支障をきたしたり、眠気が強いと居眠り運転で交通事故を引き起こし、社会的な責任を問われる場合もあります。以下のような方はSASを合併している確率が高く、一度専門医療機関への受診をお勧めします。

 (1)就眠中のいびきや無呼吸を指摘された方

 (2)日中の眠気などが続く方

 (3)高血圧や糖尿病の治療がうまくいかない方

 (4)心不全や脳卒中後の方

 

放置すると無呼吸によるストレスが心臓や肺にかかり、高血圧や心筋梗塞、脳梗塞などの原因になります。しかし、SASは何らかの治療により劇的な症状の改善が得られ、生命に関わる疾患の発症予防が可能です。

(心血管イベント発生率(12年後の比較): 健常者5%、治療者7%、無治療者33% (*))

(*) M Marin et al; Lancet ; 365: 1046-1053 2005

 

当院では一泊入院でのfull-PSG検査が可能です。

簡易PSGにてAHI 40未満の方にはCPAP保険適応の診断をいたします。

詳細は地域連携室までお気軽にお問い合わせください。


1/20121110日版

  エプワース眠気指数テスト



2/2012128日版
  治療すれば心臓・血管の病気発生率を12年間で33%7%にできる


3/2013112日版

  睡眠障害のスクリーニング



  第4/201329日版
  循環器・内分泌代謝疾患におけるSASの合併率


 第5/201339日版
  OSA(閉塞性無呼吸症候群)患者の生命予後


 第6
/2013年4月13日版
  SASの交通事故への影響


第7
/2013年5月11日版
  OSA患者の心臓突然死


第8
/2013年6月8日版
  OSASの治療方法


第9
/2013年7月13日版
  運動能力の比較


第10
/2013年8月10日版
  不眠医療のステージ



第11
/2013年9月14日版
  SAS外来の流れ



第12
/2013年10月12日版
  睡眠時無呼吸症候群とは
 

呼吸器科医師    香河 和義
病院概要
外来担当表はこちら

お見舞いメール

交通アクセスはこちら